シンギュラリティーとは?

シンギュラリティーとは?

  • シンギュラリティー(技術的特異点)と、コンピュータ技術や生命科学などの進歩、発展 によって、科学技術が自らより優れた科学技術を作れるようになるポイントを指す。このポイントを超えると進化は無限大に発散する。
  • シンギュラリティー2045年頃に達成され、これま での世界とはまったく異なる、不連続な世界がやってく る、とカーツワイルは予測している。
  • ムーアの法則は現在に至るまで続いており、2020年代には人間の脳の集積度を超えると言われている。 *ムーアの法則:インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアの提唱した、トランジスタの集積度は18カ月ごとに倍になるという法則

エクスポネンシャルとは?

  • 指数関数的、科学技術の発展はエクスポネンシャルであるとされる。
  • 例えば、ヒトゲノム解析プロジェクト、1990年から15年の予算が組まれていたが7年後の2007年時点で、進捗は1%だった。多くの学者が悲観的になる中で、カーツワイルは期限内の完了を予測。その後、ゲノムの解析スピードはエクスポネンシャルにスピードアップし、期限より大幅に早く2000年には100%完了した。
  • 人間の脳は、Liner(算術的)にしか将来を予測することしか出来ないが、科学技術はExponential(指数関数的)に進化する。*多くの技術は理想とのかい離で当初失望されることが多いが、ある一点を超えると、そのパワーは人類の生活を一変するほど破壊的になる。