代表と主要メンバー

エクスポネンシャル・ジャパン代表

ジョバン・レボレド Jovan Rebolledo

jovan_image<略歴>
メキシコ出身・米国籍。2002年にJICA研修員として日本に留学、その後2004年文科省奨学生として再来日し、2009年に金沢大学でPh.Dを取得。米国ルイスビル大学経営学修士。ロボティクスや人工知能に関する数々の起業経験あり。日本やシリコンバレー、メキシコの数多くのベンチャー企業のアドバイザーを務める。シンギュラリティ・ユニバーシティのGSPに第一期生として参加、以来、シンギュラリティ・ユニバーシティのアジアでの活動に深く関与し、日本のイノベーションコミュニティの懸け橋となるべく活動中。

<現職>
東京大学大学院情報理工学系研究科特任研究員(先端人工知能学教育寄付講座)
シンギュラリティ・ユニバーシティ、ティーチングフェロー
エクスポネンシャル・ジャパン代表

<メッセージ>

Exponential Japanはシンギュラリティ・ユニバーシティの卒業生有志を中心として立ち上げられたコミュニティ組織です。

日本をイノベーションのリーダーとしたい、日本からイノベーションを起こす人材と企業を育てたい、という思いから活動をしています。

是非、Exponential Japanはシンギュラリティ・ユニバーシティと日本の皆さまの架け橋として、また日本におけるイノベーションのハブとなるべく活動していきたいと思います。

<主要運営メンバー>

佐宗 邦威 Kunitake Saso

名称未設定

P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけた後、ジレットのブランドマネージャーを務めた。ヒューマンバリュー社を経て、ソニー(株)クリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。B to C消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザインやサービスデザインプロジェクトを得意としている。

東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。シンギュラリティ大学エグゼクティブプログラム修了。

biotope 代表取締役社長/Chief Innovation Producer
著書「21世紀にデザイン思考が必要な理由

安武 弘晃 Hiroaki Yasutake

photo1997年NTT入社後、まだ創業期であった楽天に1998年に転職。技術者として楽天の成長を支える。

2007年より取締役常務執行役員として世界中に拡大する技術チームを率いる。

2016年1月に楽天を退任し、カーディナル合同会社を設立。テクマトリックス株式会社と株式会社ZMPの社外取締役、ソウルドアウト株式会社の技術顧問を務める。

齋藤 和紀 Kazunori Saito

Kazunori Saito

日系、外資系メーカーの財務経理や経営企画部門勤務を経て、2008年には金融庁国際会計調整室において政府のIFRS採用計画策定に参加。その後、世界最大手石油化学メーカーのグループ経理部長やベンチャー企業の管理本部長を務めた。

エクスポネンシャル・ジャパン共同代表、ExO.works コンサルタント、Spectee社CFO、iROBOTICS社CFO等、成長期にあるベンチャー企業の成長戦略や資金調達をサポート。戦略策定や事業開発から携わることによりシリコンバレーVCや事業会社などからの資金調達を数々成功させたり、ファンドの立ち上げに参画したりするなど、成長期にあるベンチャーを財務経理のスペシャリストとして支える。

早稲田大学卒、同大学院ファイナンス研究科修了。シンギュラリティ大学エグゼクティブプログラム修了。飛躍型組織論である Exponential Organization コンサルタント。

著書「シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件

<メンバーへの講演依頼やコンタクト>
コンタクトのページからお願いします。